トップ  >  コピーサービス

館内資料のコピーについて

図書館の資料は、著作権法で認められた範囲内でコピーをとることができます。

私費用コピー機(1階・2階にあります)

生協で販売しているコピーカードを購入の上、ご利用ください(図書館ではコピーカードの販売はしておりません。)ご利用の際は、必ず「文献複写申込書(館内複写用)」に必要事項をご記入ください。

校費用コピー機(レファレンス・カウンターの脇にあります)

「文献複写申込書(館内校費複写用)」に必要事項をご記入の上、セルフサービスでご利用ください。料金は1枚20円です。後日、複写枚数分の料金を校費から振替えます。学生が利用する場合は、事前に指導教員の許可を得てください。

研究室に所属している方は、研究室で複写をとる間のみ、雑誌を館外へ持出すことができます(ただし最新号の持出しはご遠慮ください。)
ご希望の方は、レファレンス・カウンターで「雑誌一時貸出」の手続をしてください。コピーが終わり次第、直ちに(遅くとも当日中に)ご返却願います。カウンターで確認を受けた後、雑誌はご自分で元の場所に戻してください。

なお、館内でのコピーに関しては、著作権法上、以下のような制限があります。

  • 図書館内の資料に限る(持込のノート等のコピーは不可)
  • 図書については全部ではなく一部に限る(全体の半分以上のコピーは不可)
  • 定期刊行物に掲載された各論文や記事はその全部が複写可だが、刊行後相当の期間を経たもの(次号が既刊となったもの、または刊行後3ヶ月を経たもの、等)に限る(つまり発行後3ヶ月以内の最新号のコピーは不可)
  • コピー部数は一人につき一部に限る
  • 調査・研究の目的に限る
  • 有償無償を問わず、再複写や頒布は不可
     

 


 

この記事の1行目に飛ぶ