ご案内  企画展示「オライリー・ジャパン特集展示」

コンピュータ関連の技術書といえば、オライリー!
今回の企画展示では、その中から約100冊を厳選しました。
開発の入門書はもちろん、便利なハック集やギークな技術エッセイまで
オライリー・ジャパンの書籍が一堂に会します。
 


動物の絵と、鮮やかな色のタイトルを組み合わせた印象的な表紙は、
電通大生なら一度は目にしたことがあるかもしれないですね。

1978年にアメリカで創立されたオライリー・メディアは、
ITにかかわる最先端の情報を発信するとともに、その成長を支え、
数多の技術者たちに愛されてきました。
日本子会社であるオライリー・ジャパンの書籍は、
当館でも約600冊を所蔵し、多くの貸出冊数を誇る人気シリーズです。

貸出では特に開発系の図書が人気ですが、
技術エッセイも気になるタイトルが並んでいます。
『イプシロン・ザ・ロケット: 新型固体燃料ロケット、誕生の瞬間』や、
『コネクト : 企業と顧客が相互接続された未来の働き方』など。

普段からオライリーの技術書を愛読している方はもちろん、
まだ親しみのない方も、ぜひ今回を機に手に取ってみてくださいね。

・展示期間
    平成28年7月1日(金)~10月31日(月)

・展示場所
    附属図書館2F入館ゲート正面
 
・貸出期間
    通常どおり(学部学生:2週間、教職員・院生・卒研生:1ヶ月)
     ※夏休み長期貸出期間中(8月5日(金)~)に借りた場合、
返却期限日が10月5日(水)となります。

    貸出中の資料はOPAC検索結果詳細画面の“予約”ボタンから予約できます。

  2016-07-01